個人事業主の味方Airペイ!今度は交通系電子マネーに対応

2017年2月3日
  • はてなブックマーク

個人事業主の味方Airペイ!今度は交通系電子マネーに対応

株式会社リクルートライフスタイルと、株式会社リクルートペイメントが運営するAirペイが、2017年2月1日より、Suicaを始めとした主要な交通系電子マネーに対応したと発表しました。モバイル決済サービスを提供している会社はいくつかありますが、電子マネーにも対応しているサービスはあまり多くありません。いったいどのようなサービスになったのか見てみましょう。

※この記事の内容は2017年2月2日時点の情報です

サービス開始した楽天ペイってどんなサービスなの?

目次

Airペイとは?

Airペイとは、最近増えつつあるモバイル決済の1つで、スマートフォンなどを利用して、クレジットカードや電子マネーで決済ができるサービスです。Airペイでは、専用のカードリーダーと、iPhone・ipadを利用して決済を行います。

クレジットカードと電子マネーに対応

今回、交通系電子マネーも対応となったことで、一気に9種類の電子マネーで決済ができるようになりました。この中には、Suicaが含まれているため、Apple Payでも利用できます。

さらに、2017年4月からは、iDとQUICPayにも対応を予定しており、Suica以外のApple Payユーザーも利用できるようになります。

現在の対応電子マネー
Suica、PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん


最大2.5%還元!Suicaでポイント2重取りできるクレカまとめ

クレジットカード国際ブランドは6種類に対応

クレジットカード決済の場合、6つの主要国際ブランドに対応しています。
2017年2月1日時点で対応している国際ブランドは、VISA、JCB、MasterCard、American Express、Diners Club、DISCOVERです

以前は、VISAとMasterCardにしか対応していませんでしたが、昨年12月に一気に6ブランドに対応となりました。今回の電子マネーの追加と合わせて、もの凄いスピードでサービスが改善されているのがわかると思います。

国際ブランドって何?7大国際ブランドについて解説!

最大ポイント還元率10%!他を圧倒する20以上のポイント連携!条件を満たせば年会費無料が2年目以降も続くオススメの1枚!

25歳以下の方は三井住友カード(デビュープラス)がおすすめ
年会費
初年度 2年目以降
無料 1,250円
ポイント
還元率 付与 有効期限
0.5%~1.0% 1,000円 24ヶ月
発行スピード
最短3営業日
ETC年会費
-
電子マネー
種類 チャージ還元率
ID(アイディ) -
マイレージ
還元率 手数料 搭乗ボーナス
0.33% 無料 なし
優待特典
  • 飲食店
    飲食店
  • 映画館
    映画館
  • レンタカー
    レンタカー
  • ショッピング
    ショッピング
  • ネット通販
    ネット通販
  • ホテル宿泊
    ホテル宿泊

【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

1台で電子マネーとクレジットカードに対応は業界初

Airペイなら、1種類の端末を導入するだけで、電子マネー・クレジットカードのどちらも決済できます。実は、6つの主要な国際ブランドカードと交通系電子マネーがスマートデバイスと決済端末一台で決済できるのは業界初となるそうです

最近は、コンビニやスーパーを始め、様々な場所で複数の決済方法を選べますが、これを実現するために、店舗側は複数の決済端末を導入しています。決済端末の導入費用は、1端末あたり5万円~10万円と言われており、大企業なら複数を導入しても費用を回収できるかもしれませんが、個人で経営しているような店だとなかなかそうはいきません。

Airペイを導入すれば、少ない費用で様々な種類のクレジットカード・電子マネーに対応でき、さらに対応電子マネーも順次追加予定と利便性の高さもトップクラスです。

お店への導入費も格安

既にiPhone・iPadをお持ちの個人事業主の方なら、導入費用はカードリーダー代の19,800円だけで済みます。(電子マネー決済はWi-Fiプリンターも必要)

しかも、2017年3月までキャンペーンが行われており、導入審査通過後4ヶ月以内に3万円以上Airペイで決済をするとカードリーダー代が全額キャッシュバックされます。

決済手数料が安い

Airペイの決済手数料は、従来のクレジットカードの決済手数料よりもかなり低い水準に設定されています。具体的にはVISA・MasterCard・American Express・電子マネーが3.24%、JCB・Diners Club・DISCOVERが3.74%です。

一般的に、クレジットカードの決済手数料が5%前後と言われているため、従来の方法から切り替えると、いくらか利益を改善できます。

決済方法 決済手数料

VISA
MasterCard
American Express
電子マネー

3.24%

JCB
Diners Club
DISCOVER

3.74%

振込手数料も無料

Airペイの凄い所は、どの銀行を使っても振込手数料が0円です。さらに振込回数も月に3回、もしくは6回まで可能です

従来のクレジットカード決済では、振込手数料は店側持ちというのが一般的でした。他のモバイル決済でも振込手数料無料という会社もありますが、その場合銀行口座に指定があるケースが多く、わざわざ新しく口座を作る必要がありました。Airペイなら、そういった事をする必要がないため、忙しい方にもオススメです。

また、振込回数は三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の口座が最大月6回、それ以外の口座が月3回まで利用できます。こちらも、従来のクレジットカード決済が、月に1回程度しか振り込まれなかったことを考えると利便性が大幅アップしています。

個人経営の店だと、売上を回収できないと新しい商品が作れない事もあるため、ほぼ毎週のペースで入金されるのはありがたいポイントです。これなら現金決済と比べても、キャッシュフローを損なう事がありません。

決済の流れ

1.決済方法・決済金額を入力
Airペイアプリホーム画面の「決済」をタッチして、決済方法・決済金額を入力します。

2.カードの読み取り
クレジットカードの場合、カードリーダーにクレジットカードを挿入します。電子マネーの場合、処理音が鳴るまでタッチし続けます。

3.暗証番号入力またはサイン入力
クレジットカードの場合、暗証番号を入力するか、iPadまたはiPhoneにサインをします。

4.レシート印刷・送信
プリンターがあれば、レシートを印刷することが可能です。またはメールでお客様にお送りすることも可能です。

Airシリーズも一緒に利用すればさらに便利に

Airペイを運営する株式会社リクルートライフスタイルは、これ以外にもAirシリーズという店舗業務が改善・簡素化できる便利なサービスを提供しています。

Airレジ

無料で利用できる多機能なレジアプリです。
会計ソフトと連動して経理作業を簡素化したり、1個単位で在庫の管理ができます。

順番管理ができるAirウエィト

無料で利用できる、受付や順番待ちを管理するアプリです。
簡単操作で来店受付から案内まで行えるだけでなく、お客さん自身が街人数や待ち時間をリアルタイムで確認できる機能があります。
お客さんは店舗で列ばずに済むため、待ち時間を有効活用でき、行列が理由でお客さんが離れるのを防ぐことができます。

予約管理ができるAirリザーブ

無料で利用できる、予約を管理できるシステムです。(今後の追加サービスは有料の場合もある)
電話予約・ネット予約・直接訪問予約、すべての予約を一元管理できるシステムで、ネット予約なら24時間対応です
さらにSNSで情報発信している場合は、予約URLを投稿するだけで予約受付が完了します。

個人事業主の方にはビジネスカードがおすすめ

個人が持つ事が出来るクレジットカードは、基本的には仕入などの商用の利用が禁止されています。ビジネスカード(法人カード)なら、商用への利用も可能です。また、通常のクレジットカードと同様でポイントが貯まったり、マイルを貯める事が出来るビジネスカードもあります。

店舗の経営もしながら、ポイント・マイルが貯まるビジネスカードはまさに一石二鳥のカードです。

経費の支払いも出来る!法人カードってどんなクレカ?

あの三井住友VISAからビジネスカードが登場!スタンダードなカードとして大活躍

年会費
初年度 2年目以降
1,250円 1,250円
ポイント
還元率 付与 有効期限
0.5%~10% 1,000円=1ポイント 24ヶ月
発行スピード
3週間程度
ETC年会費
500円
電子マネー
種類 チャージ還元率
- -
マイレージ
還元率 手数料 搭乗ボーナス
- - なし
優待特典
  • 飲食店
    飲食店
  • 映画館
    映画館
  • レンタカー
    レンタカー
  • ショッピング
    ショッピング
  • ネット通販
    ネット通販
  • ホテル宿泊
    ホテル宿泊

【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

まとめ

・Airペイが交通系電子マネーに対応
・2017年4月からはiDとQUICPayにも対応予定
・Airペイなら決済手数料も3.24%~3.74%と格安
・振込手数料も無料

電子マネーに関する記事

クレジットカード人気記事ランキング

人気の目的別特集
ゴールドカード
ゴールドカードへアップグレード!インビテーションが届くクレカを紹介
ゴールドカード20枚の限度額を徹底調査!利用限度額の上げ方も解説
高島屋のゴールドカードってどうなの?他のゴールドカードと比較してみた
ゴールドカードの必要性とは?必要な理由・いらない理由をまとめてみた
ゴールドカードに必要な年収ってどのくらい?年収の目安を徹底調査!
ETCカード
ETCカードとTポイントは相性抜群!Tカードを使ったお得な活用術
クレジットカード延滞がよくない理由とETCカードへの影響
一枚で買い物も高速も!おススメETC一体型クレジットカード5選
マスターカードで厳選!ETCカード利用にお勧めのクレジットカード
ETC利用証明書は領収書の代わりに利用できる!発行方法を徹底解説
その他の目的別特集
初心者
年会費
作り方
二枚目
ビジネスカード
クレジットカード会社一覧
国際ブランド (5件)
VISA
MasterCard
JCB
アメリカン・エキスプレス
ダイナースクラブ
発行会社 (23件)
イオン銀行
アメリカン・エキスプレス
楽天カード
三菱UFJニコス
クレディセゾン
ライフカード
ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ)
三井住友カード
JALカード
セディナカード
アコム
ワイジェイカード
JCB
エポス
オリコ
NTTドコモ
ポケットカード
ビューカード
三菱UFJ銀行
東急カード
エムアイカード
ANA
アプラス
電子マネー (7件)
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
nanaco(ナナコ)
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
QUICPay(クイックペイ)
Smartplus(スマートプラス)
ポイント (20件)
楽天スーパーポイント
ANAマイレージクラブ
JALマイレージ
OkiDokiポイント
nanacoポイント
Ponta
Tポイント
永久不滅ポイント
auポイント
dポイントクラブ
ベルメゾンポイント
ジョーシンポイント
ビックカメラポイント
ヨドバシカメラゴールドポイント
Amazonギフト券
ときめきポイント
グローバルポイント
Lifeサンクスプレゼント
ダイナースクラブリワードプログラム
WAONポイント

こだわり検索 ご希望の条件をチェックして検索(複数可)

おすすめ検索

細かい条件でカードを探す

カードタイプ
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
電子マネー
発行スピード

-件該当

※20件まで保存できます

btn_comparison btn_comparison
btn_pagetop