ETCカードが追加発行できる法人・ビジネスカード4選

2017年2月8日
  • はてなブックマーク

ETCカードが追加発行できる法人・ビジネスカード4選

お仕事で高速道路を使う方に必須とも言えるETCカード。ETCカードがあると、高速道路を割引価格で利用できるため、出費を抑える事ができます。

個人向けのクレジットカードでは、カード1枚に対して1枚のETCカードしか発行できませんが、法人カードには、複数のETCカードを発行できるカードがあります。今回は、仕事で車を使う方に向けて、ETCカードに特化した法人カードを紹介します。

目次

法人ETCカードの種類

法人ETCカードには、大きく別けてクレジットカード会社発行のETCカードと高速道路会社が発行するETCカードの2種類あります。

クレジットカード会社発行のETCカード

クレジットカード会社発行のETCカードは、法人・ビジネスカードを契約し、そのカードの追加カードとして発行します。

発行会社によってそれぞれ特徴があり、年会費無料のものや、1枚の法人カードに対して複数のETCカードを発行できるものなどがあります

クレジットカード会社発行の法人ETCカードの特徴

・デポジット(出資金)がいらない
・年会費が無料のカードもある
・経費業務を簡素化できる
・1枚の法人カードに対し、複数のETCカードを発行できることがある
・ETCカードの利用で法人カードのポイントが貯まる
・引き落としまで1~2ヶ月猶予がある

高速道路会社が発行するETCカード

高速情報協同組合や高速道路会社が発行するETCカードは、コーポレートETCカードと呼ばれ、主に運送業者などの大口の利用者に向けて発行しています。個人事業主でも発行できます。

高速道路会社が発行する法人ETCカード特徴

・デポジット(保証金)が必要
・ETCカードの発行手数料・年会費がかかる
・毎月ETCカード取扱い手数料が発生する
・登録した車両以外では使えない
・クレジットカードの機能がない
・支払いは翌翌月の8日
・大口・多頻度割引がある

どっちのETCカードを選ぶ?

法人・ビジネスカードに追加して発行した方がポイントが貯まったり、年会費無料で複数発行できたりするためオススメです

しかし、高速道路会社が発行するETCカードの場合は、大口・多頻度割引があるので運送業の方はこちらを利用されてもよいでしょう。

ライフカードビジネス

ライフカードビジネスは、追加カードの枚数に応じてETCカードを無料で発行できます。

年会費は無料

法人カードの中では珍しく本カード・追加カードともに年会費無料です。追加カードは、枚数制限なしに発行できるため、社員全員に持たせる事もできます。

利用限度額

利用限度額が10万円~500万円に設定されています。限度額500万円と言うとプラチナカードにも匹敵する程の額です。限度額は審査によって決まるため、全ての方が500万円まで利用できるわけではありませんが、高い事に越したことはありません。一般法人カードの中では、驚異的な高さです。

ポイントプログラムは不採用

ライフカードビジネスは、ポイントプログラムが採用されておらず、いくら使ってもポイントは貯まりません

ポイントを貯めたい場合は、上位版にあたるライフゴールドカードビジネスがオススメです。そちらであれば、1,000円につき1ポイントが貯まり、1ポイント=5円相当として利用できます。ただし、ゴールドカードになると、本カード・追加カードともに年会費が2,000円(税別)かかります。(初年度無料)

カード1枚当たり40万円以上利用するなら、年会費を払ってもゴールドカードの方がお得になります。

UC法人カードゴールド

UC法人カードゴールドは、1枚のカードにつき、最大99枚のETCカードを無料で発行できます

年会費

年会費は本カードが10,000円(税別)で、追加カードが2,000円(税別)かかります。追加カードは、枚数制限になしに発行でき、それぞれにETCカードを追加できます。

永久不滅ポイントで失効の恐れなし

ポイントプログラムは永久不滅ポイントが採用されており、1,000円につき1ポイントが貯まります。貯まったポイントは、1ポイント5円として利用できるため、ポイント還元率は0.5%です。

永久不滅ポイントは、その名の通り有効期限がないため、仕事が忙しくポイントを利用する暇が無くても失効しません

利用限度額が高額

利用限度額が50万円~500万円に設定されています。ゴールドカードでありながら、プラチナカード並の限度額が設定されています。

旅行外保険も充実

国内・海外共に最高5,000万円まで補償する旅行傷害保険が付帯しています。しかも、保険の種類はどちらも自動付帯のため、持っているだけでも補償を受けられます。

海外旅行傷害保険(自動付帯) 国内旅行傷害保険(自動付帯)

傷害死亡・後遺障害

5,000万円

5,000万円

傷害治療・疾病治療

300万円

-

賠償責任

5,000万円

-

携行品損害

1旅行50万円
(年間100万円限度)

-

救援者費用

400万円

-

傷害入院保険金

-

5,000円(日額)

傷害通院保険金

-

2,000円(日額)

UC法人カード ゴールド

UCカードが提供する、個人事業主・中小企業向けの法人カード!無駄のないシンプルな一枚をお探しならこちら

年会費
初年度 2年目以降
10,000円 10,000円
ポイント
還元率 付与 有効期限
0.5% 〜 0.5% - -
発行スピード
公式サイト参照
ETC年会費
無料
電子マネー
種類 チャージ還元率
- -
マイレージ
還元率 手数料 搭乗ボーナス
- - なし
優待特典
  • 飲食店
    飲食店
  • 映画館
    映画館
  • レンタカー
    レンタカー
  • ショッピング
    ショッピング
  • ネット通販
    ネット通販
  • ホテル宿泊
    ホテル宿泊

JCB法人カード



JCB法人カードは、1枚のカードに対して複数のETCカードを発行できます。ETC分の年会費は無料です。

年会費

年会費は、本カード・追加カード共に初年度無料、2年目以降は1,250円(税別)です。追加カードは枚数制限なしに発行できます。

還元方法を選べる

JCB法人カードは、ポイント型とキャッシュバック型の2種類のタイプから選べ、それぞれ還元方法が異なります。

ポイント型

ポイント型はOki Dokiポイントが採用されており、1,000円につき1ポイントが貯まります。貯まったポイントは1ポイント=5円として利用できるため、ポイント還元率は0.5%です

キャッシュバック型

キャッシュバック型は、利用額に応じてキャッシュバック額が決まります。

まず、カードの月間利用額に応じてキャッシュバック率が決まります。そして、月間利用額の内、交通費・出張費にキャッシュバック率が適用されキャッシュバック額が決まります。(キャッシュバックの対象金額の上限は月額50万円)

交通費だけで、月に20万円以上利用している場合は、キャッシュバック型の方が多く還元を受けられます

月間利用額 キャッシュバック率

100万円以上

3%

80万円~100万円

2.5%

60万円~80万円

2%

40万円~60万円

1.5%

20万円~40万円

1%

5万円~20万円

0.5%

5万円未満

0%

JCBゴールド法人カード

国内唯一の国際ブランドJCBが提供する、安心のゴールド法人カード!初年度年会費無料、2年目以降も10,000円とお手頃です。

年会費
初年度 2年目以降
無料 10,000円
ポイント
還元率 付与 有効期限
0.5% 1,000円=1ポイント 36ヶ月
発行スピード
最短7営業日
ETC年会費
-
電子マネー
種類 チャージ還元率
- -
マイレージ
還元率 手数料 搭乗ボーナス
0.3% - なし
優待特典
  • 飲食店
    飲食店
  • 映画館
    映画館
  • レンタカー
    レンタカー
  • ショッピング
    ショッピング
  • ネット通販
    ネット通販
  • ホテル宿泊
    ホテル宿泊

JCBプラチナ法人カード

JCBが提供する、最上級のプラチナ法人カード!優待も旅行保険も、ゴールド法人カードから更にグレードアップ。

年会費
初年度 2年目以降
30,000円 30,000円
ポイント
還元率 付与 有効期限
0.5% 〜 2.5% - -
発行スピード
1週間程度
ETC年会費
-
電子マネー
種類 チャージ還元率
- -
マイレージ
還元率 手数料 搭乗ボーナス
- - なし
優待特典
  • 飲食店
    飲食店
  • 映画館
    映画館
  • レンタカー
    レンタカー
  • ショッピング
    ショッピング
  • ネット通販
    ネット通販
  • ホテル宿泊
    ホテル宿泊

シナジーJCB法人カード


JCBとエッソ・モービル・ゼネラルが提携発行した法人カードです。1枚のカードから年会費無料のETCカードを複数発行できます。燃料代が割引になる特典があるため、運送業などにオススメのカードです

年会費

年会費は、本カード・追加カードともに初年度無料、2年目以降は2,000円(税別)で、追加カードは枚数制限なしに発行できます。

燃料代が最大7円引き

前月の利用額に応じて、エッソ・モービル・ゼネラルで燃料代が安くなる仕組みになっています。

前月の利用額 当月の給油値引き単価

7万円以上

7円/ℓ引き

5万円~7万円

5円/ℓ引き

2万円~5万円

3円/ℓ引き

1万円~2万円

2円/ℓ引き

1万円未満

1円/ℓ引き

まとめ

・法人向けETCカードは、クレジットカード会社と高速道路会社が発行している

・クレジットカードの特典が受けられるため、法人カードから追加発行したほうがお得

・複数のETCカードを発行できる法人カードがある

ビジネスカードに関する記事

クレジットカード人気記事ランキング

人気の目的別特集
ゴールドカード
ゴールドカードへアップグレード!インビテーションが届くクレカを紹介
ゴールドカード20枚の限度額を徹底調査!利用限度額の上げ方も解説
高島屋のゴールドカードってどうなの?他のゴールドカードと比較してみた
ゴールドカードの必要性とは?必要な理由・いらない理由をまとめてみた
ゴールドカードに必要な年収ってどのくらい?年収の目安を徹底調査!
ETCカード
ETCカードとTポイントは相性抜群!Tカードを使ったお得な活用術
クレジットカード延滞がよくない理由とETCカードへの影響
一枚で買い物も高速も!おススメETC一体型クレジットカード5選
マスターカードで厳選!ETCカード利用にお勧めのクレジットカード
ETC利用証明書は領収書の代わりに利用できる!発行方法を徹底解説
その他の目的別特集
初心者
年会費
作り方
二枚目
ビジネスカード
クレジットカード会社一覧
国際ブランド (5件)
VISA
MasterCard
JCB
アメリカン・エキスプレス
ダイナースクラブ
発行会社 (23件)
イオン銀行
アメリカン・エキスプレス
楽天カード
三菱UFJニコス
クレディセゾン
ライフカード
ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)
三井住友カード
JALカード
セディナカード
アコム
ワイジェイカード
JCB
エポス
オリコ
NTTドコモ
ポケットカード
ビューカード
三菱UFJ銀行
東急カード
エムアイカード
ANA
アプラス
電子マネー (7件)
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
nanaco(ナナコ)
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
QUICPay(クイックペイ)
Smartplus(スマートプラス)
ポイント (20件)
楽天スーパーポイント
ANAマイレージクラブ
JALマイレージ
OkiDokiポイント
nanacoポイント
Ponta
Tポイント
永久不滅ポイント
auポイント
dポイントクラブ
ベルメゾンポイント
ジョーシンポイント
ビックカメラポイント
ヨドバシカメラゴールドポイント
Amazonギフト券
ときめきポイント
グローバルポイント
Lifeサンクスプレゼント
ダイナースクラブリワードプログラム
WAONポイント

こだわり検索 ご希望の条件をチェックして検索(複数可)

おすすめ検索

細かい条件でカードを探す

カードタイプ
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
電子マネー
発行スピード

-件該当

※20件まで保存できます

btn_comparison btn_comparison
btn_pagetop