全51種類!イオンカードはどれが一番お得?

2016年12月8日
  • はてなブックマーク

全51種類!イオンカードはどれが一番お得?

イオンカードは、イオンクレジットサービス株式会社が発行するクレジットカードで、流通系クレジットカードの中でも高い人気を誇っています。そんなイオンカードの特徴の1つに種類が豊富な事が上げられます。その数なんと51種類。これだと、どのカードを選ぶのがいいか調べるのにも一苦労しそうです。

ポイント還元率の点から見ると最もオススメのカードは、イオンカードセレクトです。この記事は、なぜ、インカードセレクトがオススメなのか?、どうすればお得に利用できるのかを中心にイオンカードセレクトを紹介していきます。

イオン系最強?イオンカードセレクトのカードスペックはこちら

※この記事の情報は、2016年12月時点のものです。

目次

イオンカードセレクトならポイントの2重取り出来る

イオンカードは、WAONカード機能とイオン銀行のキャッシュカード、クレジット機能が1つになったクレジットカードです。ポイント還元率は0.5%で、「ときめきポイント」が200円の買物につき1ポイント貯まるようになっています。0.5%というとクレジットカードの全体の中では、どちらかと言うと低いポイント還元率です。

しかし、イオンカードセレクトならこれから紹介する方法を使えば、ポイント還元率を上げる事が可能です。どうすればいいかというと、WAONへのオートチャージ機能を使うのです。イオンカードセレクトは電子マネーのWAONが付帯しており、クレジット機能で支払いをしたり、WAONで支払いをしたりと利用者の都合に応じて、支払い方法を選ぶ事ができます。

WAONは、前払い制の電子マネーなので、利用の前にはチャージが必要になるのですが、イオンカードセレクトを使ってオートチャージをすると、チャージした金額もポイント加算の対象となり、200円に付き1ポイントが発生します

そして、チャージしたWAONで支払いをした場合もポイントが貯まります。WAONを利用した際に貯まるポイントはWAONポイントと言い、200円につき1ポイントが付与されます。
つまりイオンカードセレクトでチャージしたWAONで支払いをすると、チャージ時と支払い時にポイントが付与され還元率が1%になるのです。

WAONへのオートチャージでポイントが発生するのは、現在の所イオンカードセレクトのみなので、この点だけもイオンカードセレクトを選ぶ理由になります。

WAONポイント貯めるなら、WAON一体型のクレジットカードで!

イオン銀行の利用でもポイントが貯まる

イオンカードセレクトがオススメな理由はこれだけではありません。もう1つの理由はこのカードにイオン銀行のキャッシュカード機能が付帯している事が関係しています。

イオン銀行には取引内容に応じて、WAONポイントが付与されるプログラムが用意されています。イオンカードセレクトには、キャッシュカードとしての機能もついているためこのカードを利用して、対象の取引を行うと自動的にポイントが付与されます

さらにイオン銀行はステージポイント制を導入しており、イオンカードやWAONなどの6ヶ月間の平均利用額に応じてイオン銀行利用時のポイント還元率が変化します。

ステージ1→6ヶ月間に10万円(月平均1.7万円)以上利用
ステージ2→6ヶ月間に30万円(月平均5万円)以上利用
ステージ3→6ヶ月間に50万円(月平均8.5万円)以上利用

1番上のステージ3になるには、6ヶ月間で50万円以上の利用をしなくてはいけませんが、イオンカードのユーザーは主婦が多いと言われているので、食料品などを中心にイオンで購入していけば無理せずクリアできるかもしれません。ポイントの対象となるのは以下の取引です。

取引内容 ステージ1 ステージ2 ステージ3 備考

他行への振込

月1回まで

月3回まで

月5回まで

1回につき210ポイント付与

他行ATMでの引き出し

月1回まで

月3回まで

月5回まで

1回につき105ポイント付与

他行からの振込入金

月1回まで

月3回まで

月5回まで

1回につき50ポイント付与

公共料金振替

件数×5ポイント

件数×5ポイント

件数×5ポイント

定期預金

月に25ポイント

月に50ポイント

月に100ポイント

月末時点の残高100万円以上

投資信託

月に25ポイント

月に50ポイント

月に100ポイント

月末時点の投資信託残高時価評価額100万円以上

住宅ローン

月に25ポイント

月に50ポイント

月に100ポイント

月末時点の残高あり

無担保ローン

月に25ポイント

月に50ポイント

月に100ポイント

月末時点の残高10万円以上

年金振込実績

月に25ポイント

月に50ポイント

月に100ポイント

年金振込があった月に限る

わくわくデーのオートチャージ

1.5倍

2倍

3倍

毎月5のつく日はポイント還元率アップ

この表の中で注目すべき所は、ステージが上がるとわくわくデーのオートチャージのポイント還元率が上がるという点です。わくわくデーとは、イオンで毎月5日、15日、25日に開催されているポイントが2倍になる特売日の事です。

イオンカードセレクトは、わくわくデーにオートチャージをすると通常0.5%の還元率が最大1.5%までアップします。オートチャージは設定した金額を下回ると、自動で入金されるため、わくわくデーが近づくとあえてオートチャージが適用される金額とチャージ額を低くしておき、その日がきたらオートチャージをすると高い還元率でポイントをゲットできます。

ただし、オートチャージ分は前述したステージ制の金額の対象にはならないので注意が必要です。

イオンオーナーズカードで株主優待を受ける

こちらで紹介する方法は少し難易度が上がります。あくまでも日常的にイオンを利用している方に向けて長期的な目線で利用をするとお得。という前置きをした上での紹介です。

どうすればいいかと言うと、イオンオーナーズカードを取得します。イオンオーナーズカードとは、イオンの株を100株以上保有している方のみに発行される株主優待です。
このイオンオーナーズカードはイオングループで利用すると、いつでも3%~7%の割引が受けられるため、イオンカードセレクトとあわせて使えばお得度がさらにアップします。

株と聞くと難しいと思われる方も多いと思いますが、イオンの株は人気が高く値段が比較的安定していると言われています。実際に、2015年にダイエーを子会社化した関係で赤字を発表した際も、1ヶ月程度で元の株価まで戻りました。

個人的見解ですが、長くイオンと付き合って行こうと考えている方にはオススメです。

イオンオーナーズカードの割引率
100株以上保有→3%割引
500株以上保有→4%割引
1,000株以上保有→5%割引
3,000株以上保有→7%割引

提携企業の割引を受ける

イオンカードは、カードで支払いをすると割引が受けられる提携企業が豊富です。中には30%も割引が受けられる企業もあります。年会費が無料のカードなのに割引まで受けられるなんて、嬉しい限りですね。

カラオケ

ビッグエコー

一般室料より30%OFF
ドリンクバー飲み放題付きコース・プランご利用時は総額10%OFF

シダックス

下記の5つの中からいずれか1つの割引が受けられます。他の割引との併用はできません。

通常ルーム料金20%OFF
フリータイム ルーム料金20%OFF
フリフリプラン パック料金20%OFF
パーティーコース コース料金5%OFF
毎週火曜日通常ルーム料金30%OFF

レンタカー

オリックスレンタカー

マルトクプラン基本料金15~50%OFF
マルトクプラン以外は基本料金より10%OFF
(但し、KSS、VOS、TSS、TSの付くクラスは除く)

ニッポンレンタカー

基本料金より約5%OFF

飲食

釜飯と串焼 とりでん

4,000円(税別)以上のご飲食で500円値引き

湊一や

飲食代金10%OFF

レジャー施設

富士急ハイランド

フリーパス料金が大人5,700円→5,300円 中高生5,200円→4,900円 小人4,300円→4,100円

鴨川シーワールド

入園料大人2,800円→2,650円 小人1,400円→1,330円にてご提供

スパリゾートハワイアンズ

ハワイアンズ入場が通常料金の10%OFF
ホテルハワイアンズ・ウィルポート・モノリスタワー宿泊が通常料金の10%OFF

東京サマーランド

フリーパス(通常)大人3,000円→2,900円、こども2,000円→1,900円、幼児・シニア1,500円など

SPA&HOTEL 舞浜ユーラシア

通常の入館料より310円引き
平日:2,060円→1,750円、土日祝:2,570円→2,260円

箱根小涌園ユネッサン

・パスポート(ユネッサン&森の湯)
大人4,100円→3.800円、小人2,100円→1,800円など

まとめ

・イオンカードの中ではポイントの2重取りができるイオンカードセレクトがオススメ

・イオンカードセレクトはイオン銀行とあわせて利用するとポイント貰えることもある

・イオンオーナーズカードを取得すればイオングループでいつでも3%~7%の割引を受けられる

イオンに関する記事

みんなにお金について考えるメディア「マネ会」で人気の関連記事をご紹介!!

クレジットカード人気記事ランキング

人気の目的別特集
ゴールドカード
ゴールドカードへアップグレード!インビテーションが届くクレカを紹介
ゴールドカード20枚の限度額を徹底調査!利用限度額の上げ方も解説
高島屋のゴールドカードってどうなの?他のゴールドカードと比較してみた
ゴールドカードの必要性とは?必要な理由・いらない理由をまとめてみた
ゴールドカードに必要な年収ってどのくらい?年収の目安を徹底調査!
ETCカード
ETCカードとTポイントは相性抜群!Tカードを使ったお得な活用術
クレジットカード延滞がよくない理由とETCカードへの影響
一枚で買い物も高速も!おススメETC一体型クレジットカード5選
マスターカードで厳選!ETCカード利用にお勧めのクレジットカード
ETC利用証明書は領収書の代わりに利用できる!発行方法を徹底解説
その他の目的別特集
初心者
年会費
作り方
二枚目
ビジネスカード
クレジットカード会社一覧
国際ブランド (5件)
VISA
MasterCard
JCB
アメリカン・エキスプレス
ダイナースクラブ
発行会社 (23件)
イオン銀行
アメリカン・エキスプレス
楽天カード
三菱UFJニコス
クレディセゾン
ライフカード
ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ)
三井住友カード
JALカード
セディナカード
アコム
ワイジェイカード
JCB
エポス
オリコ
NTTドコモ
ポケットカード
ビューカード
三菱UFJ銀行
東急カード
エムアイカード
ANA
アプラス
電子マネー (7件)
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
nanaco(ナナコ)
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
QUICPay(クイックペイ)
Smartplus(スマートプラス)
ポイント (20件)
楽天スーパーポイント
ANAマイレージクラブ
JALマイレージ
OkiDokiポイント
nanacoポイント
Ponta
Tポイント
永久不滅ポイント
auポイント
dポイントクラブ
ベルメゾンポイント
ジョーシンポイント
ビックカメラポイント
ヨドバシカメラゴールドポイント
Amazonギフト券
ときめきポイント
グローバルポイント
Lifeサンクスプレゼント
ダイナースクラブリワードプログラム
WAONポイント

こだわり検索 ご希望の条件をチェックして検索(複数可)

おすすめ検索

細かい条件でカードを探す

カードタイプ
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
電子マネー
発行スピード

-件該当

※20件まで保存できます

btn_comparison btn_comparison
btn_pagetop