私に合うのはどれ?7枚の楽天カードを徹底解説!

2017年3月8日
  • はてなブックマーク

私に合うのはどれ?7枚の楽天カードを徹底解説!

楽天カードと言えば、川平慈英さんを起用したテレビでCMでお馴染みのクレジットカードです。実は、JCSI(日本版顧客満足度指数)の調査で8年連続で顧客満足度1位を達成している凄いクレジットカードでもあるのです。

しかし、そんな凄いカードであっても、知名度が高いのは通常版のカードだけで、その他にも様々な種類の楽天カードがある事はあまり知られていません。今回は楽天カードがどうして選ばれるのか、通常版の他にどんな楽天カードがあるのかについて紹介していきます。

目次

楽天カードが選ばれる5つの理由

まずは楽天カードが選ばれる理由から説明していきます。選ばれる理由は大きく分けて5つです。

【理由1】年会費が無料

楽天カードは、ゴールドカードなどを除き、基本的に年会費が無料です。有料のカードだと、年会費分をポイント還元で補うために、ついつい多めにお買物をする方もいるかもしれませんが、楽天カードならそういった事をする必要もなく、余計な出費が増える事もありません。

また、あまりクレジットカードを使わないような方でも、年会費が無料なので、万が一のために持っておいたり、2枚目・3枚目といったサブカードとしての使い方もできます。

【理由2】年会費が無料なのにポイント還元率は1%

楽天カードは、お買物100円につき楽天スーパーポイントが1ポイントが貯まります。貯まったポイントは1ポイント=1円として利用できるため、ポイント還元率は1%です。

クレジットカードのポイント還元率は0.5%のカードが多い中、1%を超えるカードは種類が限られています。年会費無料でありながら、ポイント還元率が1%の楽天カードは、レアな存在なのです

【理由3】楽天グループでの優待

さらに、楽天カードの凄い所は、楽天グループで利用するとポイント還元率が何倍にも上がるという点です

例えば、楽天市場なら4倍、楽天ブックスなら2倍も多くポイントが貯まります。しかも、各種条件を満たせばポイント還元率はさらに上がり、何と最大で7倍にも達します。

楽天市場のポイントの貯まり方

ポイントアップ条件 加算ポイント 合計ポイント還元率

1.楽天市場で楽天カードを使って決済

3%

4%

2.楽天市場で楽天ゴールドカード、もしくは楽天プレミアムカードで決済

4%

5%

3.月に1度楽天市場アプリの利用

1%

-

4.楽天モバイルの利用

1%

-

一般カードなら上記表の1+2+3+を満たせばポイント6倍、ゴールドカードなら2+3+4を満たせば、ポイント7倍!

【理由4】実店舗でのお買物でもポイントアップ

また、ネットショッピングだけでなく、実店舗でのお買物でもポイントを多く獲得できます。楽天カードには、楽天ポイント加盟店というカードの提示でもポイントが貯まる店舗が用意されており、ここでお買物をすると通常よりも2倍~3倍も多くポイントが貯まります

代表的な楽天ポイント加盟店
ENEOS、ダンロップ、タイヤセレクト、タイヤランド、エースコンタクト、メガネストアー、家具・インテリアのルームズ大正堂、てもみん、アリさんマークの引越社、ハート引越センター、サカイ引越センター

【理由5】複数の国際ブランドに対応

カードの種類にもよりますが、楽天カードは基本的に複数の国際ブランドに対応しており、Visa・MasterCard・JCBの中から自分が必要とするブランドを自由に選べます。実は人気のクレジットカードであっても、国際ブランドの選択肢がないケースはよくあります。

またJCBは、国内ではトップの加盟店数を誇りますが、世界的なシェアは1%程度しかなく、海外ではまだまだ利用できる場所が少ないというのが現状です。そのため、海外での利用も視野に入れている方には、複数の選択肢がある事はとても重要です。

年会費が無料であるため、年に1回の海外旅行用にカードを作ってもよいでしょう。

国際ブランドって何?7大国際ブランドについて解説!

8年連続顧客満足度ナンバー1の楽天カード

楽天カードは、8年連続顧客満足度1位を達成した、日本を代表するクレジットカードです。

上記で説明したように、通常のポイント還元率1%ですが、楽天市場で4倍、街の加盟店で2倍~3倍と非常にポイントが貯めやすいクレジットカードです。

また、国際ブランドがJCBの楽天カードであれば、電子マネーのnanacoへのチャージでもポイントが貯まるため、ポイント2重取りが可能です

ポイント2重取りとは、クレジットカードで電子マネーをチャージした際と、チャージした電子マネーで支払いをする際に、2回ポイントを獲得する事です。

クレジットカードの中には、電子マネーへのチャージ分はポイントが付かなかったり、付与率が下がるカードも多数ありますが、楽天カード(JCB)はnanacoへのチャージ分も100円につき1ポイントが貯まります。

nanacoは、支払い金額100円~200円につき1nanacoポイントが貯まるため、チャージで獲得したポイントと合算すると、最大で2%分のポイントが貯まります。

さらにnanacoには、セブン-イレブンで税金や公共料金の支払ができるという特徴があります。その場合、支払い時にはnanacoポイントは貯まりませんが、楽天カードでチャージしておけば、チャージ金額に応じて楽天スーパーポイントが貯まるため、実質的に税金など割引価格で支払えます。


【楽天カードの詳細はこちら】
ポイントが貯めやすく安定の満足度を誇る「楽天カード」

格安ゴールドカード界のニューフェイス楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードは、2016年9月からラインナップに加わった、新たな楽天カードです。年会費は2,000円(税別)で、従来の楽天カードと楽天プレミアムカードの中間に位置しています。

楽天カードと比べると、維持費がかかりますが、一般的にゴールドカードの年会費は10,000円程度はかかるため、かなり所有しやすいゴールドカードと言えます。試しにゴールドカードを手に入れてみたい方にオススメです。

カードの特徴としては、楽天市場で利用した際のポイント還元率が、楽天カードよりも1%アップしており、カード単独の決済で5%分のポイントが貯まります。これによって、楽天市場で年間4万円以上使うだけで、年会費分のポイントを獲得できます。

また、ゴールドカードになった事でラウンジ特典が追加され、国内28空港に加え、ハワイ・ホノルル空港と、韓国・仁川空港のラウンジが利用できます。クレジットカードの特典以外で空港ラウンジを利用すると、1回につき1,000円~2,000円程度かかるため、年に1回~2回空港ラウンジを利用すれば、年会費分の元がとれます。


【楽天ゴールドカードの詳細はこちら】
海外での利用も安心!「楽天ゴールドカード」

その魅力は年会費以上!?楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードは、年会費10,000円(税別)のゴールドカードです。最大の特徴は、プライオリティパスが付帯している点です。

プライオリティパスとは、世界の1,000以上の空港ラウンジが利用できる特典で、普通に契約すると、年会費が99ドル~399ドルかかります。

フライト待ちを優雅に過ごす!プライオリティ・パスを徹底解説!

プライオリティパスの年会費

ランク 年会費 利用料金

スタンダード

99ドル

会員・同伴者共に1回27ドル

スタンダード・プラス

249ドル

会員:10回無料、その後1回につき27ドル
同伴者:1回27ドル

プレステージ

399ドル

会員:全て無料
同伴者:1回27ドル

いくつかのクレジットカードには、プライオリティパスの特典が付帯しており、楽天プレミアムカードでも、399ドルかかるプレステージ会員と同じ特典を無料で利用できます

つまり、カードの特典だけで年会費以上の価値があるわけです。何回も海外に行く方なら、プライオリティパスを目的にカードを契約しても十分に元が取れます。

ライフスタイルに合わせて選べる特典

さらに、3つの優待プランが用意されており、この中から自分にあったプランを1つ選べます。

楽天市場コース

楽天市場で毎週火曜日・木曜日にお買物をするとポイント1%加算となります。楽天プレミアムカードは、楽天市場利用分は5%の還元となるため、合算するとカード単独の特典だけで6%の還元を受けられます。

トラベルコース

楽天トラベルでオンラインカード決済をすると、ポイントが1%加算となり最大3%の還元を受けられます。

また、年2回まで無料で利用できる手荷物宅配サービスと、国内旅行の手配を代わりに行ってくれる国内宿泊ご優待サービスデスクを利用できます。

エンタメコース

楽天SHOWTIMEと楽天ブックス利用分のポイントが1%加算になります。

【楽天プレミアムカードの詳細はこちら】
VIP空港ラウンジプライオリティパスへの無料登録可能「楽天プレミアムカード」

ショッピングでマイルが貯まる楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天カードとANAマイレージクラブの機能が1つになったカードです。年会費は初年度無料、2年目以降も年に1回でも利用があれば無料となるため、実質年会費が無料のカードです。(利用がない場合は500円+税)

1枚のカードに2つのポイントプログラムが採用されており、ANAマイルが貯まるコースと楽天スーパーポイントが貯まるコースのどちらか1つを選択します。(変更可)

ANAマイルを選ぶと200円につき1マイル、楽天スーパーポイントを選ぶと100円につき1ポイントが貯まります。ANAマイルを選んだ場合、マイル交換率は0.5%となります。

ANA発行のカードの中には、マイル交換率0.5%以上のカードもありますが、多くの場合カードの年会費とポイントをマイルに移行する際の手数料がかかります。

これに対して楽天ANAマイレージクラブカードは、年会費が実質無料に加えマイル移行手数料無しで利用できます。年会費無料でマイル手数料がないカードの中では、トップクラスにマイルが貯まるカードです

ANAマイルの基本を学び、マイルを使って旅行を楽しもう!


【楽天ANAマイレージクラブカードの詳細はこちら】
旅もショッピングもお得になる!「楽天ANAマイレージクラブカード」

経営者にオススメの楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカード所有者だけが契約できる法人カードです。
年会費は、楽天ビジネスカードの分(2,000円+税)と、楽天プレミアムカードの分(10,000円+税)がかかるため、合計で12,000円(税別)必要です。

このカードの大きな特徴はポイント還元率が高い事です。法人カードは、ポイント還元率が低い傾向があり、中にはポイントが付かないカードもあります。

一方、楽天ビジネスカードなら、個人向けカードと同じくどこで利用しても1%の還元が受けられます。さらに、楽天プレミアムカードと一部共通の特典が受けられるため、プライオリティパスや誕生月の特典を受けられます。

誕生月特典の利用時は、楽天市場と楽天ブックスのポイントが3倍にアップします。多くの法人カードのポイント還元率が0.5%程度であることを考えると、圧倒的に多くポイントが貯まり、何かと支払いが多くなりがちな会社経営にピッタリなカードと言えます。

また、本カード1枚に対し、複数のETCカードを発行できます。個人向けカードだとETCカードは1:1の割合でしか発行できませんが、楽天ビジネスカードなら入会と同時に9枚まで申し込みができます。

さらに本カード到着後に、「楽天e-NAVIi」上から申し込みを行えば、10枚目以上も追加発行できます。ETCカードの年会費は1枚目が無料、2枚目からは1枚につき500円(税別)かかります。

ポイント還元率で選ぶ法人・ビジネスカード3選

女性向け、好みに併せてカスタマイズができる楽天PINKカード

楽天PINKカードは、格安な料金を支払うと楽天グループの優待サービスや保険をプラスできるカードです。男性も契約できますが、カードのデザインがピンクで女性向けの特典があるカードです。カード本体は年会費無料のため、各種サービスを追加しなくても、カードのデザインで選ぶのも有りだと思います。

楽天PINKカードに追加できるサービス

楽天グループ優待サービス

月額300円(税別)追加すると、楽天グループで利用できるクーポンを発行できたり、利用金額が割引になります。

サービス一例
楽天市場のお買物が500割引
楽天トラベルで国内宿泊予約をすると1,000円割引
楽天ブックスのお買物が100円割引

ライフスタイル応援サービス

月額300円(税別)追加すると、110,000以上の多彩なジャンルで割引・優待特典を受けられます。

サービス一例
TOHOシネマズ:通常1,800円のチケット代が1,500円に
タイムズカーレンタル:一般料金より22%~59%割引
カラオケ本舗まねきねこ:ルーム料金30%割引

女性のための保険

格安な料金で楽天PINKカード会員だけが受けられる保険を用意しています。

ケガの保証プラン
月額240円で、国内外を問わず、日常生活のケガでによって発生した入院・手術費を補償します。

携行品損害補償プラン
月額330円で、偶然の事故によって損害を受けた携行品を50万円を限度に実費補償します。また、死亡・後遺障害でも10万円を補償します。

個人賠償責任事故補償プラン
月額220円で、加入者の家族も含めて日常生活の事故による損害賠償責任を最高1億円まで補償します。

【楽天PINKカードの詳細はこちら】
女性に嬉しい特典多数!「楽天PINKカード」

学生だけの特典満載の楽天カードアカデミー

楽天カードアカデミーは、学生専用の楽天カードです。通常版との違いは、楽天ブックス・楽天トラベル・楽天ダウンロード利用時のポイント還元率がアップしています

楽天ブックスでは、入会初年度に限りポイントが5倍になります。マンガ・CD・DVDを始め参考書なども販売しているため、書店で購入するより沢山のポイントが貯まります。

また、楽天トラベルで高速バスの予約をした分と、楽天ダウンロードでDVDなどを購入した分はポイントが3倍多く貯まります。旅費を抑えるために高速バスを利用する方や、一人暮らしで実家に帰省する際などに役に立ちそうです。

通常版と比べるとデメリットもあり、利用限度額が最高でも30万円と低く設定されています。ただし、学生で月に30万円も使う方はかなり稀だと考えられるため、節度のある利用を心がけていれば問題ないと思います。

まとめ

・楽天カードは、ゴールド・プレミアムを除き年会費無料、または実質無料
・どこで利用してもポイント還元率は1%
・楽天グループやポイントアップ加盟店で利用するとポイント還元率が2倍~7倍にアップ
・複数の国際ブランドを選べる

楽天カードに関する記事

クレジットカード人気記事ランキング

人気の目的別特集
ゴールドカード
ゴールドカードへアップグレード!インビテーションが届くクレカを紹介
ゴールドカード20枚の限度額を徹底調査!利用限度額の上げ方も解説
高島屋のゴールドカードってどうなの?他のゴールドカードと比較してみた
ゴールドカードの必要性とは?必要な理由・いらない理由をまとめてみた
ゴールドカードに必要な年収ってどのくらい?年収の目安を徹底調査!
ETCカード
ETCカードとTポイントは相性抜群!Tカードを使ったお得な活用術
クレジットカード延滞がよくない理由とETCカードへの影響
一枚で買い物も高速も!おススメETC一体型クレジットカード5選
マスターカードで厳選!ETCカード利用にお勧めのクレジットカード
ETC利用証明書は領収書の代わりに利用できる!発行方法を徹底解説
その他の目的別特集
初心者
年会費
作り方
二枚目
ビジネスカード
学生
クレジットカード会社一覧
国際ブランド (5件)
VISA
MasterCard
JCB
アメリカン・エキスプレス
ダイナースクラブ
発行会社 (23件)
イオン銀行
アメリカン・エキスプレス
楽天カード
三菱UFJニコス
クレディセゾン
ライフカード
ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)
三井住友カード
JALカード
セディナカード
アコム
ワイジェイカード
JCB
エポスカード
オリコ
NTTドコモ
ポケットカード
ビューカード
三菱UFJ銀行
東急カード
エムアイカード
ANA
アプラス
電子マネー (7件)
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
nanaco(ナナコ)
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
QUICPay(クイックペイ)
Smartplus(スマートプラス)
ポイント (20件)
楽天スーパーポイント
ANAマイレージクラブ
JALマイレージ
Oki Dokiポイント
nanacoポイント
Ponta
Tポイント
永久不滅ポイント
auポイント
dポイントクラブ
ベルメゾンポイント
ジョーシンポイント
ビックカメラポイント
ヨドバシカメラゴールドポイント
Amazonギフト券
ときめきポイント
グローバルポイント
Lifeサンクスプレゼント
ダイナースクラブリワードプログラム
WAONポイント

こだわり検索 ご希望の条件をチェックして検索(複数可)

おすすめ検索

細かい条件でカードを探す

カードタイプ
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
電子マネー
発行スピード

-件該当

※20件まで保存できます

btn_comparison btn_comparison
btn_pagetop