VISAで選ぶならこのカード!VISAブランドゴールドカード3選!

2016年10月31日
  • はてなブックマーク

国際ブランドとして知名度の高いVISAは利用可能な場所も多く、一枚あれば非常に便利に使えるブランドです。
この記事では、そのVISAブランドと付帯サービスの充実したゴールドカードが一つになり、完成度の高いカードになっているゴールドカードを紹介します。

目次

世界一のVISAブランド

国際ブランドの一つであるVISAは、世界最大の加盟店数を誇り、ほぼ使えない国はないという世界一の国際ブランドです。
そのため、国際ブランドで迷った場合はVISAを選んでおけば間違いないでしょう。

一般的なゴールドカードの特徴

まず、ゴールドカードは一般カードに比べ、空港ラウンジ利用無料や旅行保険が増額されるなど、付帯サービスが充実しています。
次に、ゴールドカードは利用限度額も一般カードよりも高く設定されており、急な出費にも対応できます。
そして、ゴールドカードはプラチナカードなどに比べ審査は緩いですが、誰でもゴールドカードを持てるわけではありません。よって、ゴールドカードを持つことによって社会的信用も得られます。

DCゴールドカード

年会費10,800円(税込)
三菱UFJニコスが発行するDCカードゴールドは、DCカードの中で最高峰のゴールドカードです。
DCゴールドカードは入会審査基準も高いことで知られており、ステータス性の高いカードになっています。

付帯サービス 付帯保険

最高5,000万円の国内外旅行保険や年間限度額300万円までのショッピング保険などが付帯します。

空港ラウンジサービス

国内主要28空港とハワイホノルル空港ラウンジが無料で利用できます。

その他サービス

・健康や医療に関する質問を電話で聞ける「24時間健康・介護相談サービス」
・「旅」「食」「物」をテーマにした会員情報誌「Partner」が無料で読めます
・専門の有資格者が、保険を中心にライフプランの相談ができる「フィナンシャルプランナー無料相談サービス」
・会員限定優待チケットサービス
・ALSOK利用開始をDCカードで支払うと、最大10,000円キャッシュバック
・映画鑑賞券が貰えたり、映画試写会招待など、映画好きにはたまらない「DCシネマクラブ」
・全国約1,000か所のゴルフ場予約を手数料無しで代行してもらえる「ゴルフデスク」

UCカードゴールド

年会費10,800円(税込)
セゾンが発行するUCカードゴールドは、入会資格が「原則として満25歳以上で年収500万円以上の方」と明確に定められているのが特徴です。また、ショッピング枠も最低100万円から、と高く設定されています。

付帯サービス 付帯保険

最高5,000万円の国内外旅行保険が自動付帯します。また、年間限度額300万円までのショッピング保険も付帯します。

空港ラウンジサービス

国内主要28空港とハワイホノルル空港ラウンジが無料で利用できます。

その他サービス

・全国約2,000か所以上の提携施設を優待価格で利用にできる「UCカード Club Off」
・海外現地のさまざまな情報を聞けたり、格安航空券・お得なホテルの予約などを代行してくれる「ゴールドライン東京」「海外個人旅行デスク」
・海外旅行中に通話無料で日本語サポートが受けられる「海外アシスタントデスク」
・e+(イープラス)会員登録して、ゴールド会員優先でチケット予約ができる「UCゴールド会員優先チケット予約」
・お得な加盟店情報や、旅行・グルメなどの内容が充実した会員誌「てんとう虫」が無料で購読可能
・有効期限が無く、ずっと貯められる永久不滅の「セゾンポイント」
・国内・海外のパッケージツアーが最大8%OFFや、海外レンタカー割引などのサービスが利用できる会員限定サイト「旅ナビゲーション」

三井住友VISAゴールドカード

年会費10,800円(税込)
三井住友VISAカードはCMなどの影響もあり、VISAカードと言えば三井住友VISAというイメージの方も多いのではないでしょうか?
三井住友VISAは、国内で最初にVISAカードを発行しており、その三井住友VISAの発行している「三井住友VISAゴールドカード」は、国内VISAブランドの代表的なゴールドカードといえます。

付帯サービス 付帯保険

最高5,000万円の国内外旅行保険が付帯します。年間300万円までのショッピング保険も付帯します。

空港ラウンジサービス

国内主要28空港のラウンジが無料で利用できます。

その他サービス

・一流旅館・ホテルを厳選した、会員制宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」が提供している最低保証価格から、さらに3,000円の割引きを受けられます。
・24時間年中無休で、医師に無料健康相談ができる「ドクターコール24」
・ゴールドカード会員専用の電話相談サービス「ゴールドデスク」
・国内外のパッケージツアーが最大5%OFF「VJトラベルデスク」
・レストランや居酒屋で20%OFFなどのサービスが受けられる「VJ CHECK&CHECK CLUB」

まとめ

VISAブランドのゴールドカードは付帯保険やラウンジサービスなど、どのカードも付帯サービスが安定しており、バランスの良いカードとなっています。
また、電話サポートサービス等も受けられたり、ゴールドカード会員だけのサービスも利用出来たりと、その他サービスも非常に充実しています。
VISAブランドを選んでおけば、海外旅行の際にも安心して利用できますので、迷った際には是非検討してみてください。

クレジットカード人気記事ランキング

人気の目的別特集
ゴールドカード
ゴールドカードへアップグレード!インビテーションが届くクレカを紹介
ゴールドカード20枚の限度額を徹底調査!利用限度額の上げ方も解説
高島屋のゴールドカードってどうなの?他のゴールドカードと比較してみた
ゴールドカードの必要性とは?必要な理由・いらない理由をまとめてみた
ゴールドカードに必要な年収ってどのくらい?年収の目安を徹底調査!
ETCカード
ETCカードとTポイントは相性抜群!Tカードを使ったお得な活用術
クレジットカード延滞がよくない理由とETCカードへの影響
一枚で買い物も高速も!おススメETC一体型クレジットカード5選
マスターカードで厳選!ETCカード利用にお勧めのクレジットカード
ETC利用証明書は領収書の代わりに利用できる!発行方法を徹底解説
その他の目的別特集
初心者
年会費
作り方
二枚目
ビジネスカード
クレジットカード会社一覧
国際ブランド (5件)
VISA
MasterCard
JCB
アメリカン・エキスプレス
ダイナースクラブ
発行会社 (23件)
イオン銀行
アメリカン・エキスプレス
楽天カード
三菱UFJニコス
クレディセゾン
ライフカード
ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)
三井住友カード
JALカード
セディナカード
アコム
ワイジェイカード
JCB
エポスカード
オリコ
NTTドコモ
ポケットカード
ビューカード
三菱UFJ銀行
東急カード
エムアイカード
ANA
アプラス
電子マネー (7件)
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
nanaco(ナナコ)
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
QUICPay(クイックペイ)
Smartplus(スマートプラス)
ポイント (20件)
楽天スーパーポイント
ANAマイレージクラブ
JALマイレージ
Oki Dokiポイント
nanacoポイント
Ponta
Tポイント
永久不滅ポイント
auポイント
dポイントクラブ
ベルメゾンポイント
ジョーシンポイント
ビックカメラポイント
ヨドバシカメラゴールドポイント
Amazonギフト券
ときめきポイント
グローバルポイント
Lifeサンクスプレゼント
ダイナースクラブリワードプログラム
WAONポイント

こだわり検索 ご希望の条件をチェックして検索(複数可)

おすすめ検索

細かい条件でカードを探す

カードタイプ
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
電子マネー
発行スピード

-件該当

※20件まで保存できます

btn_comparison btn_comparison
btn_pagetop