ゴールドカードはいくらで持てる!?格安ゴールドカード5選

2016年10月31日
  • はてなブックマーク

ゴールドカードには年会費は無料のカードから30,000円を超えるカードまで存在しています。
プロパーカードのゴールドカードは年会費が10,000円程度となっており、この金額が1つの目安となっています。
すると年会費が10,000円以下の安いゴールドカードの付帯サービスはどうなの?とお思いになるかもしれません。
しかし安心してください、年会費が安くてもサービスはしっかりしているおすすめのゴールドカードはたくさんあります
ここではそんな、安くてもサービスの充実したおすすめのゴールドカードを紹介していきます。

目次

年会費2,000円台から持てるゴールドカード

MUFGゴールドカード

年会費は初年度無料、2年目から1,905円(税別)、家族カードは1人目無料、2人目からは400円(税別)です。
利用限度額は最大200万円となっています。
ゴールドカード=年会費が高いという常識を覆し、格安ゴールドカードの先駆け的存在となったカードです。
さらに、リボ払いサービスの「楽Pay」に登録利用することで年会費が1028円(税別)まで割引になります。

保険サービスは旅行傷害保険が国内外ともに最大2,000万円まで保証、ショッピング保険が最高100万円まで保証となっています。

ラウンジサービスは国際線利用時に国内主要6空港・ハワイ・ホノルル空港のラウンジを無料で利用することができます
三菱東京UFJ銀行のATM時間外手数料が無料になることは日常的に便利さを実感できるポイントです。

最短翌営業日発行空港ラウンジ海外旅行保険などの特典が満載で、年会費は初年度無料!コストパフォーマンスが高いゴールドカード!

年会費
初年度 2年目以降
無料 1,905円
ポイント
還元率 付与 有効期限
0.4%~0.5% 1,000円=1ポイント 24ヶ月
発行スピード
最短翌営業日
ETC年会費
無料
電子マネー
種類 チャージ還元率
楽天Edy(エディ) 0.5%
マイレージ
還元率 手数料 搭乗ボーナス
1.0% 無料 なし
優待特典
  • 飲食店
    飲食店
  • 映画館
    映画館
  • レンタカー
    レンタカー
  • ショッピング
    ショッピング
  • ネット通販
    ネット通販
  • ホテル宿泊
    ホテル宿泊

【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社

MUFGゴールドカードアメックス

基本的には上記のMUFGゴールドカードと変わりありません。
国際ブランドをアメックスにすることで、カードの特典にプラスしてアメックス独自の特典が付きます
ポイントプログラムは国内利用分が初年度ポイント1.5倍、海外利用分はポイント2倍です。

「アメリカン・エキスプレス・セレクト」や「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」といったアメックス共有のサービスを受けることができます。
アメックスのプロパーカードだと年会費が10,000円以上必要なサービスを格安で利用することができます

JCB GOLD EXTAGE

年会費は初年度無料、2年目から3,000円(税別)、家族カードは1人目無料、2人目からは1,000円(税別)です。
利用限度額は審査後に決定となっています。
発行に年齢制限のある29歳以下限定のゴールドカードです。

JCBゴールドのサービスを基本としながら、若者向けではないサービスを減らすことでお求めやすい年会費になっています。
例を挙げると、JCBゴールドと比べて海外旅行傷害保険が最大1億円から最大5000万円に減額、ショッピング保険が500万円から200万円に減額、航空機遅延保険が無しになっています。
しかし入会後3ヶ月間はポイント3倍、4ヶ月目から12ヶ月目まではポイント1.5倍となっています。
さらに年間利用額が20万円以上の場合は、翌年もポイント還元率が1.5倍となっており、ポイントの貯めやすさという点ではJCBゴールドを上回っています。

注意点がJCB GOLD EXTAGEの初回更新時(5年後)、審査のうえ自動的にJCBゴールドカードに更新されます。
その際気をつけて頂きたいのは、JCBゴールドカードになると、年会費が10,000円と大幅に上がってしまうことです。
また1枚あたり2,000円の解約手数料がかかるため、JCBゴールドカードの発行を望んでいない方、解約手数料が気になる方は別のゴールドカードを選びましょう。

セディナカードゴールド

年会費は1,905円(税別)、家族カードは477円(税別)となっています。
利用限度額は最大200万円です。

ポイントプログラムは入会後3ヶ月がポイント3倍、誕生月はポイント2倍、ETC利用分はポイント1.5倍、海外利用分が1.5倍などがあり、年間利用額に応じて翌年の還元率が最大1.3倍まで上がります。
さらにセブン-イレブン・イトーヨーカドーでの利用分はいつでもポイント3倍になる加盟店特典もあります。

各種保険サービスは旅行傷害保険が国内外ともに最大2,000万円まで保証、ショッピング保険は最大150万円までの保証となっています。
残念ながらラウンジサービスはついていないのですが、ETC利用やコンビニ利用が多い方はポイントを上手く貯めることができるのではないでしょうか。

オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド

年会費は1,805円(税別)、家族カードは年会費無料となっています。
利用限度額は最大300万円となっています。
最大の特徴はポイント還元率が1%とゴールドカードの中では比較的高いことです。
さらにリボ払いやオリコモールを経由して利用することで、最大3倍までポイント還元率が上がります。

保険サービスは海外旅行保険が最大2,000万円まで、国内旅行保険が1,000万円まで保証、ショッピング保険は最大100万円まで保証となっています。
こちらのカードもラウンジサービスはついていません。

まとめ

年会費の安いゴールドカードでも旅行保険・ラウンジサービスは付帯しているカードもあり、利用限度額も高額となっています。
スタンダードカードで満足できない方は格安のゴールドカードにランクアップしてみるとお気に入りの1枚が見つかるかもしれません。

それ以外のゴールドカードについても知りたい、という方や、そもそもゴールドカードについてもっと詳しくなりたい、という方は、当サイトの「ゴールドカードランキング」や「ステータス・ゴールドカード特集」も参考になさってくださいね。

クレジットカード人気記事ランキング

人気の目的別特集
ゴールドカード
ゴールドカード20枚の限度額を徹底調査!利用限度額の上げ方も解説
ゴールドカードへアップグレード!インビテーションが届くクレカを紹介
ゴールドカードの必要性とは?必要な理由・いらない理由をまとめてみた
高島屋のゴールドカードってどうなの?他のゴールドカードと比較してみた
ゴールドカードに必要な年収ってどのくらい?年収の目安を徹底調査!
ETCカード
ETCカードとTポイントは相性抜群!Tカードを使ったお得な活用術
クレジットカード延滞がよくない理由とETCカードへの影響
一枚で買い物も高速も!おススメETC一体型クレジットカード5選
マスターカードで厳選!ETCカード利用にお勧めのクレジットカード
ETC利用証明書は領収書の代わりに利用できる!発行方法を徹底解説
その他の目的別特集
初心者
年会費
作り方
二枚目
ビジネスカード
クレジットカード会社一覧
国際ブランド (5件)
VISA
MasterCard
JCB
アメリカン・エキスプレス
ダイナースクラブ
発行会社 (23件)
イオン銀行
アメリカン・エキスプレス
楽天カード
三菱UFJニコス
クレディセゾン
ライフカード
ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ)
三井住友カード
JALカード
セディナカード
アコム
ワイジェイカード
JCB
エポス
オリコ
NTTドコモ
ポケットカード
ビューカード
三菱UFJ銀行
東急カード
エムアイカード
ANA
アプラス
電子マネー (7件)
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
nanaco(ナナコ)
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
QUICPay(クイックペイ)
Smartplus(スマートプラス)
ポイント (20件)
楽天スーパーポイント
ANAマイレージクラブ
JALマイレージ
OkiDokiポイント
nanacoポイント
Ponta
Tポイント
永久不滅ポイント
auポイント
dポイントクラブ
ベルメゾンポイント
ジョーシンポイント
ビックカメラポイント
ヨドバシカメラゴールドポイント
Amazonギフト券
ときめきポイント
グローバルポイント
Lifeサンクスプレゼント
ダイナースクラブリワードプログラム
WAONポイント

こだわり検索 ご希望の条件をチェックして検索(複数可)

おすすめ検索

細かい条件でカードを探す

カードタイプ
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
電子マネー
発行スピード

-件該当

※20件まで保存できます

btn_comparison btn_comparison
btn_pagetop